完全手彫りの印鑑は通販で購入出来る

手彫りの印鑑は専門のお店に行かなければ作れないと思われがちですがそのようなことはありません。最近ではインターネット通販でも完全手彫りの印鑑をオーダーすることができます。そのため、忙しくてお店に行くことができない人でもインターネットであれば空いている時間で印鑑のオーダーをすることが可能です

キーボードインターネット通販であれば手彫りの印鑑の仕上がりイメージがわからないと不安視する人がいますがそのようなことはありません。多くのサイトが実際に作成した印鑑の紹介をしているので字体や使っている素材などの確認をしてオーダーをすることができます。もちろん手彫りであるためイメージと全く同じということはなく細かな部分では違いも出てオリジナルのものを作ってもらえます

お店によっては保証サービスがしっかりとしており気に入らないものについては彫り直しや修正といったものも受けてもらえるというお店もあります。ただ、細かなルールがあるのでしっかりと情報を確認しておきましょう。

また、オーダーして到着するまでの時間もお店によって違います。人気のあるお店だとかなり待つこともあるので急を要するようなオーダーの場合には向きません。余裕をもって注文するようにしましょう。

手彫りのメリット

はんこを作るならば、やはり手彫りのものが良いと考える人も多いです。完全手彫りにすれば職人がすべて手作業で作ってくれるため、はんこに対しての思いも違ってくるものです。大事にしようと思えますし、捺印するときには慎重になろうという気持ちが芽生えるという点でも大きな意味があります。

人とハンコまた、印影が唯一無二のものであり、味のある仕上がりにもなります。職人によってクセもありますし、文字の特徴もあります。そのため、同じ手彫りで同じ苗字のものを作成したとしても全く同じものは無いですし、同じ職人が作っても全く同じものをつくることはできません。世界に一つだけのものができる嬉しさもありますし、セキュリティ対策にも有効です

三文判をはじめとした既製品ではなかなか見られない珍しい苗字の人であっても注文をして作成をしてもらうので特別オーダーとなって別料金がかかるといったこともありません。フルネームで作成をしたり下の名前だけで作成をしたりといったことも可能です

ただ、デメリットとして手彫りをするので注文をして作成するまでも時間がかかりますしコストもかかります。しかし、時間やお金をかけても十分価値があると思えるような素敵なはんこが出来上がります。

はんこの作り方

はんこには手彫りと機械彫りとがあります。彫り方も機械彫り、機械彫り手仕上げ、完全手彫りとあり、購入する際にはどの方法で彫られているのかということも確認するべき重要なポイントです。

印印鑑を作成するにあたっては字入れ、荒彫り、仕上げという3つの工程があります。字入れというのが印影をデザインして素材に転写をする作業です。これもデザイナーが手書きをする場合とパソコンソフトを活用してオリジナルデザインを作成する方法とがあります。次に行われる荒彫りは転写した印影をもとにして印面を彫っていく作業です。これも手作業と機械と方法があります。最後の仕上げで細かな部分を彫っていきます。線を美しく整えたり溝をしっかりとしたりする作業であり、細かな作業となります。

機械彫りというのはすべてを機械で行います。精密機械が行うためとても印影がきれいなのですが、画一的になること、データが残ることから模造されてしまう心配があります。機械彫り・手仕上げというのは最後の仕上げのみ手作業で行います。完全手彫りは職人がすべて手作業で行うので美しい仕上がりながらも同じ苗字でも仕上がりが違ってくるので味のあるものになりますし模造される危険もなくなります。

はんこの必要性

私たちの生活の中ではいろいろな場面ではんこを必要としています。出勤簿に押したり、郵便物を受け取ったり、書類に押したりと毎日のように使うものです。このように印鑑が重要なのは明確な理由があります。

実印はんこというのは私たちの分身となるものです。書類にはんこを押すとなればそれはその人が認めたということになりますから後から書類内容を見て間違えたとなっても取り消すことができません。そのため、万が一印鑑をほかの人に押されてしまったら借金の保証人となってしまったり、会社でトラブルが起きたりといったことが起こることもあるのです。

特にはんこの中でも実印はとても重要なものです。家の購入や結婚といった人生の節目となるような重要な場面でも押すものになります。そのため、きちんと目を通さず安易に押してしまうと後から大問題になることもあるのです。

また、万が一はんこが盗まれてしまい同じものを作られ悪用されてしまうと大変なこととなってしまいます。金銭トラブルや遺産相続、情報漏洩などいろいろなことが起こる可能性もあるとても危険なことです。トラブルに巻き込まれてからはんこを作り直してすべての手続きをするとなればとても手間がかかります。そのため、はんこはあらかじめきっちりとちゃんとしたものを作ることが重要なのです。ですから三文判と言われるリーズナブルなものを使うのではなく、きちんと一生モノと言えるようなものを作ることが望ましいのです。