はんこの必要性

私たちの生活の中ではいろいろな場面ではんこを必要としています。出勤簿に押したり、郵便物を受け取ったり、書類に押したりと毎日のように使うものです。このように印鑑が重要なのは明確な理由があります。

実印はんこというのは私たちの分身となるものです。書類にはんこを押すとなればそれはその人が認めたということになりますから後から書類内容を見て間違えたとなっても取り消すことができません。そのため、万が一印鑑をほかの人に押されてしまったら借金の保証人となってしまったり、会社でトラブルが起きたりといったことが起こることもあるのです。

特にはんこの中でも実印はとても重要なものです。家の購入や結婚といった人生の節目となるような重要な場面でも押すものになります。そのため、きちんと目を通さず安易に押してしまうと後から大問題になることもあるのです。

また、万が一はんこが盗まれてしまい同じものを作られ悪用されてしまうと大変なこととなってしまいます。金銭トラブルや遺産相続、情報漏洩などいろいろなことが起こる可能性もあるとても危険なことです。トラブルに巻き込まれてからはんこを作り直してすべての手続きをするとなればとても手間がかかります。そのため、はんこはあらかじめきっちりとちゃんとしたものを作ることが重要なのです。ですから三文判と言われるリーズナブルなものを使うのではなく、きちんと一生モノと言えるようなものを作ることが望ましいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です