はんこの作り方

はんこには手彫りと機械彫りとがあります。彫り方も機械彫り、機械彫り手仕上げ、完全手彫りとあり、購入する際にはどの方法で彫られているのかということも確認するべき重要なポイントです。

印印鑑を作成するにあたっては字入れ、荒彫り、仕上げという3つの工程があります。字入れというのが印影をデザインして素材に転写をする作業です。これもデザイナーが手書きをする場合とパソコンソフトを活用してオリジナルデザインを作成する方法とがあります。次に行われる荒彫りは転写した印影をもとにして印面を彫っていく作業です。これも手作業と機械と方法があります。最後の仕上げで細かな部分を彫っていきます。線を美しく整えたり溝をしっかりとしたりする作業であり、細かな作業となります。

機械彫りというのはすべてを機械で行います。精密機械が行うためとても印影がきれいなのですが、画一的になること、データが残ることから模造されてしまう心配があります。機械彫り・手仕上げというのは最後の仕上げのみ手作業で行います。完全手彫りは職人がすべて手作業で行うので美しい仕上がりながらも同じ苗字でも仕上がりが違ってくるので味のあるものになりますし模造される危険もなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です